はんだ付けの品質には直接関係しませんが、吸煙装置は必需品です。

はんだ付けをやっていると、思いのほか煙がたくさん出ます・・。 
この煙は、フラックスが蒸発したものなのですが、フラックスには
人体に有害(ハロゲン物質)なものも含まれており、知らずに吸い込むと
すぐに喉を痛めます。

※鉛成分もわずかですが人体に蓄積すると言われていますが、
 ほとんどは経口で人体に取り込まれていると言われています。
 (気づかぬうちにはんだに触れた手を舐めている)

部屋の換気はもちろん必要ですが、煙は真上に立ち昇るため、
どうしても半田付け作業している人の顔に向かって煙が昇ってきます。
これを防ぐため、局所換気として吸煙器を使用します。


 

「吸煙器」で検索するとたくさんヒットします。
 Amazonでも、¥8000強程度で、HAKKO製品やGoot製品など
 購入できますし、小型の空気清浄機なども使えると思います。

  • 白光 FA400

  • goot はんだ吸煙器 SS-10

  • ZOJIRUSHI 空気清浄機


また、安価に済ませたい場合は、2015年2月現在
Amazonで販売されている CLV212 というエアファン(空気清浄ファン)
¥1500円強なども使えます。
おそらく、商品モデルが変わっても類似のものが出てくると思いますので、
こうした器具を使うのも手ですね。

 自作 吸煙器のご紹介
 北海動のまつもとさんから、自作の吸煙器の画像を送っていただきましたので 
 ブログに紹介させていただきました。

 

はんだ付けの正しい基礎知識と技術を学ぶには「DVDはんだ付け講座」