75fc5c2e.jpg

※こちらの記事は2007年4月20日に公開した記事をリニューアルしたものです

 

 

☆ご依頼

DAC(デジタルアナロクコンバータ)のコンデンサーがパンクして
交換したのですが旨くくっつきませんハンダできますか。

☆はんだ付け職人 診断

㈱ノセ精機 野瀬@ハンダ付け職人です。
基板到着致しました。

早速、拝見しましたが
残念ながら コンデンサのパターンは
スルーホールごと消失しており 
積層基板の内部パターンとの導通が取れそうにないため
修理ができません。

コンデンサを取り外される際、
ハンダコテを当てた状態で無理して引っこ抜きますと 
リードにスルーホールとパターンが
千切れて付着してくることはよくあります。

こういった両面パターンの積層基板では 
十分な熱容量を持ったハンダコテを使うか、余熱をしてやらないと 
基板にダメージを与えずに部品を取り外すことは 
かなり難しいです。

基板は熱を加えた状態ですと かなり弱くなっていますので
ハンダが半溶融状態ですと 基板が負けてしまうのです。

今後は無理をなさらず ご依頼いただけると幸いです。



参考文献(PCB断面図)
【ハンダづけ用語辞典】日本アルミット出版部 川口寅之輔 著

 

はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。