こんにちは。はんだ付け職人の大堀です。

弊社では数年前からユーノスコスモに搭載されている
TWSの復元修復作業を行っているのですが、
数を見ている中で、このTWSの故障原因を発見しました。

※TWSとは、”Total Wirering System” の略で”総配線システム”のことです。
 これが故障すると車両の電気系統がほぼ全滅してしまう大変重要な部品です。



電解コンデンサの電解液漏れによる基板の腐食が故障原因の大半です。
中でも、たった3個しか無い表面実装の電解コンデンサの内の1個が、
致命的な故障の原因になっている様なのです。



今までの修復でも、ほぼ8割がこの表面実装の電解コンデンサでした。
10uF/16V。全てはここから始まります。



見てください。最も典型的な故障原因です。
電解コンデンサの液漏れが始まり、基板のパターンを腐食して行きます。

そして近傍にあるASICまでをも餌食にしてしまいます。
(端子を伝ってどんどんASIC内部を腐食させます)

このASICが死んでしまうとTWSはもう復活できません。
なぜなら、ASICはTWSの頭脳だからです。

また厄介なことにASICは超が付くくらいの専用ICのため、
新品を入手することはまず不可能です。

今回ご依頼頂いたTWSは致命的な故障を起こす
一歩手前でご依頼(予防修理)頂きましたので先手を打つことができました。
もちろん、他の電解コンデンサも全て交換しました。
(電解コンデンサの寿命は約15~20年です)

故障してしまった場合には、
この場所に問題があると復活をあきらめないといけないかも知れませんので、
予防修理等をお考えの際には、一度TWSの中を確認されてみてはいかがでしょうか。
(この部分が怪しい場合は早急に交換等の手を打つことをお勧めいたします)

古き良き時代の名車を少しでも長くご愛用頂くために。
大した発見ではないかも知れませんが予防修理の目安として活用頂ければ幸いです。