☆ 質問

ハンダを使用した修理で悩んでおります

自動車のエンジンの横に付いている
オルタネータ(三相交流発電機)の分解修理
をする際にダイオード端子とレギュレータ端子が
ハンダで付いているため、ハンダをはがして分解します、新しいダイオードとレギュレータをハンダづけ
してオルタネーターを車に装着すると2ヶ月ほどで
ハンダが溶けてしまいます、耐熱性の良いハンダは
ありますか?宜しくお願い致します

☆ 回答

はじめまして 野瀬@半田付け職人です

通常 一般的なハンダ(Sn-Pb)は 融点が183℃ですので これ以上の高温に
なるところでは ハンダが熔けてしまいます

高温ハンダと呼ばれる 融点の高いハンダが市販されていますので
こちらを使用されてみてはいかがでしょう?
1例↓
//www.nihonsuperior.co.jp/soldering/ns_ichi.htm#kou

あくまでも1例なので ハンダメーカーに問い合わせれば 他にも
いろんな種類のものがあるかと思いますが
最高 290℃くらいの融点を持つものがあったと思います

ただし 熔けにくい分 高温の熱容量の大きなコテを必要としますので
注意してください

私も昔 経験ありますが フォグライトの接点のハンダが熔けて
困ったことがあります ↓(よく似た例)
//www.d2.dion.ne.jp/~vespa/headlight1.html

こちらも 高温ハンダで解決したようです