※こちらの記事は2018年3月14日に公開した記事をリニューアルしたものです

はんだ割れ(クラック)編

みなさん こんにちは

山市@はんだ付け職人です。

 

久しぶりの、はんだ付け職人の道です。

今回は、はんだ付けの不良のはんだ割れ(クラック)について、

お話ししていこうと思います。

 

 

お客様からのご依頼内容

車のヘッドライトが点いたり消えたりするので、

制御基板を見てほしいとご依頼がありました。

 

実際に、基板を確認すると、

見事に抵抗の部分に「はんだ割れ(クラック)」が発生していました。

 

私も、初めてはんだ割れを見ましたが、

こんなに綺麗に割れるものだと、初めて知りました。

部品も、ピンセットで押すと動きます。

 

 

※はんだ割れ(クラック)部分の写真

 

テスターで導通のチェックをしても、導通していませんでした。

車の振動によって割れたのではないかと、推測できます。

 

「はんだ付け部分には応力は加えてはいけない」と言われていますが、

車など、動くものや、コネクタ等の抜き差しをする部分には、

応力が掛かるため、今回のような「はんだ割れ」は発生しやすいです。

 

その他にも、はんだ付け後のリード線のカットなども、要因の一つに挙げられます。

基本的にリード線は先に切断し、はんだ付けします。

 

はんだ付け後にリード線を切断すると、はんだ付け部分に、

応力がかかり、1ヶ月程度で、今回のような「はんだ割れ」に至ることもあります。

 

今回、はんだ割れが発生していたのは、大きなチップ抵抗部分だけで、

その他の部品のはんだ割れは見つかりませんでした。

 

 

※はんだ割れ修正後の写真


フィレットの形成と、部品の形状が見えるはんだ量が適正です。

割れていた部分が、綺麗な裾広がりのフィレットになりました。

 

今回のように、ライトが点灯したり、点灯しなかったりする場合は、

はんだ割れの可能性が高いです。

 

拡大鏡や顕微鏡で見ないと、見つけられない場合もあります。

そのような時に、はんだ付け職人はお役にたてます。 

お気軽にご連絡・ご相談ください。

 

※お問い合わせはこちらから