動画でのはんだ付け実技講習(eラーニング)03

(スマホやタブレット、パソコンがあれば、お一人様で学べます)

はんだ付けの技能を自社や自宅で身に付けていただくことが可能です

 

コテ先:リード線の予備はんだには3C、
    コネクタへのはんだ付けには2Cを推奨
糸はんだ:リード線の予備はんだにはφ0.8mm、
     コネクタへのはんだ付けにはφ0.3~0.6mmを推奨

Dサブコネクタへのリード線はんだ付けは、
未だ自動化がほとんど進んでおらず、
手はんだで作業されている方が多いです。

基本となるはんだ付け作業の解説です。

リード線への予備はんだの重要性
不具合の最大の原因

カップ端子へのコテ先の当て方
適切なハンダ量とは?
良いはんだ付け状態とは?
不良はんだ付けの例
糸はんだをどのポイントで融かすか?

03:Dサブコネクタへのリード線はんだ付け

 

こちらはVimeoという
プラットフォームを利用しています。

動画の内容は、日本はんだ付け協会が認定する「はんだ付け検定」の事前講習と
同等ですので、受講して練習した後は「はんだ付け検定」を
受験していただくことが出来ます。

はんだ付け検定の内容はこちら

自社内ではんだ付け検定が受験できる法人内検定もご用意しております。

・「動画でのはんだ付け実技講習」と「はんだ付け検定」で使用する実技教材は
  共通の公式教材です。 実技教材はこちらから


これらの教材を組み合わせることで、自社内ではんだ付け技術の
教育システムを構築することがが可能です。

「動画でのはんだ付け実技講習」は、
現在 約\1,000円/1教材 でご利用いただけます。